バスク旅行(3) サント・ドミンゴにようこそ

バスク取材旅行の成果をもっともっと絵にしなくてはッ!!! あせあせ・・・
****
花を咲かせた窓辺や古びた壁を見るとつい写真が撮りたくなります。しかも、ここには判り易く看板まであるし。。。  木彫りの看板、文字は浮き彫りになっていましたが、私の画力ではその表現ができませんので文字だけはなんとか写し取りました。
サンチャゴ巡礼街道の通過点、サントドミンゴの街角です。巡礼ぽく杖を持って歩いている人も多く、歩いた距離を認定して証明書を発行してくれる事務所もありましたよ。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

埼玉の酔仙
2017年11月28日 18:07
サンチャゴ・デ・コンポステラへの巡礼道には
こんな看板のお店も多いのでしょう。おへんろ道
とも共通点が多いです。おへんろは、笠・宝杖・白衣。
サンチャゴは巡礼杖に貝殻でしょうか。
ご朱印と認定証も似通ってます。

酔仙は53番までで中断中。来年秋にはなんとか復活
したいものですが、当面はネジと骨が固まるまで時間を
かけるしかないです。
ぷうぷう(風=)
2017年12月01日 21:55
そうですね。
酔仙サマは日本の巡礼 / お遍路さんでありました。

ネジと骨を大切にしてゆっくり復帰してください。
無理は禁物でありますよ。

この記事へのトラックバック