我が愛のクネクネ

昔から好きだったんです、クネクネしたものが。。
唐草模様形の装飾・工芸・鉄柵・窓枠。。。
当然、ギリシャ柱もドーリア式・イオニア式よりもコリント様式。
これはミラノの大聖堂近くの、だまし絵風の工夫(小さいのにすごい奥行きに見える)で有名らしいサンサティロ教会で撮りました。この柱自体は別に何にも騙してないんですけど、なんせ好きなタイプなので。
一般的なコリント装飾はアーカンサスの葉っぱのデザインと読んだことがありますが、これはなんの葉??
ワラビやゼンマイみたいですが。。。。。わかりません。

赤っぽい大理石の白い斑入りを"振り塩"で再現できた(?)のがちよっと嬉し!!!

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

埼玉の酔仙
2018年07月28日 09:43
教会の祭壇部分が、遠近法を利用して奥行きがある
ように見せかけているわけですか。覗きからくりの
建築版ですね。
ギリシア建築の三大円柱様式、なんて大昔に習い
ました。ググってみると、このグルグル状は、
先行するイオニア式の渦巻き文の名残りらしいです。
アカンサスの葉や唐草文がお好みならば、法相華文で
埋め尽くされた仏像光背、イスラムの唐草文の壺、
東京ぼん太の風呂敷などには眼が眩むでしょう。
ぷうぷう(風=)
2018年07月28日 22:01
いゃあ・・唐草が好き・・と書いた時、私もカラクサのふろしき(=東京ぼん太)を思い浮かべたのですが、それだけは載せないででおこうと決めました。。
あの風呂敷模様は大胆に洗練され過ぎて(?)いて、あんまり好きじゃないんす。
難しいもんでござる。

この記事へのトラックバック