一度は描いて見たい・・

・・のは「線路の絵」
これまで、旅先で踏み切りを渡るたびに「あ~ここ、ここ!! カメラ~!!!」と気は迅るのですが、なんせ添乗員付きグループ旅行でバスに乗ってる・・・という状況では(しかも動作が緩慢ときては)絶対に撮れません。
*****
今回の北イタリア旅行で約2時間のヴィジェツィーナ鉄道の旅をして、その出発駅(Domodossola)で待ち時間があったので低いプラットホームから線路の写真が撮れました。

いゃあ、難しいですね。ごにょごにょと交差してアッチの方で見えなくなる線路がどうしてもブツッと途中で切れたようにしか描けない。元の写真では何となく見えなくなってるのにぃ!!! 困って塗りつぶしました。ふんッ!! 色々な教室の発表会で、どうも写真を大きくしてトレースして色を付けてるような作品を見たことがありますが、今回はそーゆーことをしたい気持ちになりました。

あと・・・電車軌道というものは、機関車で引っ張ってもらえる列車とは違って、電気を送るために電線がいっぱい張り巡らされてるのに今更ながら気が付きました。架線柱やら名前も知らない設備が林立しています。それがどれも何だか脆弱に見えるのは、先般の暴風を経験したからでしょう。あちこちで柱が倒れてブチブチと電線が損傷を受ける様子が見える・・・・きゃー不吉な女予言者のようじゃわ。

気になって近くを走る阪急電車の線路を見に行ったら、やっぱりゲート型の架線柱が100m以下の間隔で並んで電線も複雑に張り巡らされているんですよ。これまで全然意識しなかったことです。 電車が通ったので、パンダグラフが二輌に一つ付いているのも確認しました。 こういうものを保守点検して日々の運行を支えてくれる職務に改めて感謝の気持ちが湧きました。<<= ふふふ・・・何だか善い人みたいでしょ。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

MIT
2018年10月07日 22:13
線路の絵と駅の絵は一度は描いてみたい。
遠くに山も見えて、素敵な絵ですね。
交差する電線は、路面電車を思い出しました。

本当に、台風が無事に過ぎた後は、電車の運行や電気の供給につとめている人たちに感謝です。
埼玉の酔仙
2018年10月08日 10:47
おや、いつもの絵とはだいぶん違った雰囲気です。
駅、線路、架線は、描き手の意欲をそそるようです。
線路の幅をそれらしく描くのもけっこう難しそうな。
あの辺で脱線しませんかね……(><)\ボキャッ

酔仙が小学生の頃だったか、長浜駅構内の線路を
水彩で描いて褒められました。最初で最後でしたが。

かって、京都市内には市電が縦横に走っていました。
お四国を歩いていると、現役の路面電車があちこちで
活躍していて、懐かしくて、何度も乗りました。

この、2日~4日は長男の嫁の実家へのあいさつを
兼ねて、金沢2泊3日観光をしてきました。
ゆっくり歩いて回る城下町はいいですねえ。
ただ、ブログ嫌いのカミサンのために、酔仙ブログに
アップできないのが心残りです。(~_~;)
ぷうぷう(風=)
2018年10月08日 21:29
MITさま、酔仙さま、コメントありがとうございます。

みんな路面電車に思い出があるのね。
私も京都に通学するようになって市電に乗って空を見上げたら "架線だらけ"がショックでした。電力を利用するためにはあれだけのモノが必要なんですねぇ。

また機会があれば、脱線するように見えない絵を描きたいですっ!!!

この記事へのトラックバック