南インド(4)樹下美猫

数年前の北インドでは、痩せた野良牛や野良犬はチラホラ見ましたが、猫には一度も遭いませんでした。"猫ビスケット"をポケットに入れていた妹はガッカリ、私は「ひょっとして・・インドでは迫害されている?・・・もしくは・・・有効利用されちゃってる???」と心配していました。
***
南ではちゃんと(?)猫がいました。寺院の塀の上でデレ~んと寝こけていたり。。。
この子は人間なら中二くらい、とても感じ悪い目付きと態度でしたが、野良とは思えないほど、毛艶も白く輝いて・・・・「若いっていいわねぇ」と羨ましくなりました。

幸多かれと祈る。。

画像



アレッピーにて

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント

埼玉の酔仙
2019年03月29日 15:57
インドは暑そうだから、猫も一年中夏毛仕様なんでしょうか。
酔仙のウォーキング途中の「白い家」の猫たちは、陽だまりに
腰を落ち着けていて、のぞき込んでも全く動じません。

猫は経典をネズミから守るために、天竺、唐、日本と連れて
来られた、云々と読みましたが、肝心の北インドでは見かけ
なかったのですか。お四国ではよく見かけました。
ぷうぷう(風=)
2019年03月29日 19:20
そうなんですよ、酔仙さま。
シタールに革が使われるんやろか・・と心配になるくらい全然見かけなかったんですよ。
何故でしょね。。

この記事へのトラックバック