ラオスの野菜

描く(描ける)モノを探して、旅行アルバムを取り出す私。
2年前のラオス旅行の写真を見つけました。朝市の様子をチマチマ描いたのは当時すでにUPしたのですが、このショットは描いてない!!
私の描く風景は99% 写真を眺めながら描く・・・これを少しアカンことやと思っていましたが、最近、考えを変えました。そもそも、写真を撮るときに「できれば絵にしたい」との野心満々なんです。もうその時点から製作は始まっておるのじゃ!!!! ( というほどのもんではありませんが。。。。)
で、帰国後、すぐにSDカードを写真屋さんに持って行き、さらに厳選して葉書サイズ(値段が同じで大きい方)にプリントして、ホルダーに入れる・・・・それを眺めて・・・描きたいもの、描けそうなものを順次描くのでありますわ。
****
足腰が弱っているので、立ったりしゃがんだりが機敏ではありません。よっこらしょっ!!
この野菜たちも、立ったまま "上から目線" で撮ってます。売り子さんのサンダルが写り込んでいるのが可愛いですぅ。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

埼玉の酔仙
2019年06月30日 21:07
そもそも写真とは、有史以来の画家が手描きで描き
続けてきた肖像画や風景画を、カメラ・オブスクラ
(ピンホール・カメラ)によって、直に描き出そうと
したものです。(エヘン)
よって、写真から絵画へのフィードバックもまた
自然の帰結となりますね。

野菜だけでは平板になるところを、斜めに横切る
レンガの縁と、上方、右の秤、篭、サンダルとで
変化のある構図になっているのがなかなかです。

元カメラ青年の酔仙にして、今ではどっぷりと
デジカメオジサン。SDカードを写真屋さんで
プリントって、過渡期の現象なので、もうすぐ
なくなってしまいます。今のうちに、デジカメで
撮った写真はパソコンでデータ保存、どうしても
紙での必要があれば自家プリンターで出力、
というのに切り替えられることをお勧めします。

ちなみに、酔仙はエンディングノート(終活帖)
の一部として、2,3年ごとに、気に入った
自画像写真をA4サイズに自分でプリントして
遺影用に保存しています。






ぷうぷう(風=)
2019年07月01日 08:43
酔仙さまぁ、そうかそうかそうなのね。

でも・・PC画面を見ながら絵を描くのは・・無理やと思う。
その他、諸々、写真屋さんの過渡期が終わる時は、私の"お絵描き"も終わる時かな。。
もうすぐ保証期間の終わるプリンターもなんとかしなくては。PC関連はもともと苦手な分野なので、その維持管理は薄っすらとかなりのストレスですわ。

(写真の)構図を褒めてくださってありがとう!!! 💕
2019年07月02日 22:26
今日マリリンさんのブログをのぞいたら、画面がブチャーッと広がって見苦しくなってしまってます。BIGLOBEのウェブリブログのサイトを見たら、7/2に管理画面をリニューアルをします、とのこと。

つい先だって、酔仙のniftyのココログでも「半日でリニューアル」と謳いながら、何日もバグが続き、ユーザーからの非難、不満で炎上していました。BIGLOBEさんも二の舞にならなければいいのですが。
ぷうぷう(風=)
2019年07月02日 23:02
はい、私も今日(7/2)見て、びっくりしました。もうどうしていいやら。。。
背景の色を選んでたのも全部白になっているし・・慣れる日が来るのかしら。まだ、怖くて編集・新規作成はできません。
は〜(ため息)
埼玉の酔仙
2019年07月05日 21:06
ちょっとググってみたら、やっぱり、ウェブリブログのあちこちのユーザーから非難ごうごう雨あられの惨状ですね。
https://info.at.webry.info/201907/article_4.html

酔仙の niftyリニューアルの時と、全くうり二つの経緯ですよ。「他山の石」を考えることなく、「前車の轍」を踏んでひっくり返ってます。

まあ、落ち着くまでしばらく様子を見て、それから、継続利用するか、他のブログに引っ越すかを検討するしかないですねえ。

そういえば、セブンペイでは、被害はありませんでしたか?IT企業の実態って、意外と脆弱なものだと実感しています。
2019年07月31日 23:13
おめでとうございます。ブログのデザインがやっと元に
戻りましたね。若干スリムになったようでもありますが?
まあ、ヒョウ柄も元通りになったので、とりあえずは
よしとしましょう。

ここまで一ヶ月がかりか。Biglobeさんもだいぶんユーザーに
逃げられたので焦って直したんでしょうか。それにしても
途中経過やらお詫びやらの説明責任を全うしていないのは
やはり、かっての大本営と同じですね。

甘い宣伝でいったん客を囲い込んでしまえば、後はたっぷり
甘い汁を吸って、というIT企業のヒモ体質には、十分に
抵抗力を養わねばなりません。

さて、描き溜めてある次回記事のアップを楽しみにお待ち
しております。

この記事へのトラックバック