ポーランド(6) 私の好きな廃墟

私が好きなものは"路地裏"と"クネクネ"と"廃墟"です。
壊れてヒビの入った壁や、漆喰が剥げ落ちて下の煉瓦積みが見えてるの、なんてのがあるとつい写真を撮ってしまいます。
これはグダンスクの大きな記念公園の中の廃墟・・・・と、云っても由緒があるとかではなくて単に崩れて使っていない建物で、廃墟レベルはかなり低いです。

子供の時、O市近郊からK市に引っ越して、近くの小高い丘の木立ちの中を父と散歩していたら、洋館の廃墟があって、なんだかとても心が震えるような気分になり、「あ、私って、こう云うのが好きなんだわ・・」と思いました。壁しか残ってないアッサリ系でしたが、内側には暖炉の跡も残っていました。

何処かに粋な廃墟は無いものかのう。。。

Photo on Sep./2019

ポーランド6.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2019年12月30日 11:09
酔仙も廃墟は好みです。以前は、廃墟趣味の
ブログなども見て廻っていましたが。
石やレンガの洋館は怪しさが、朽ちた柱や土壁の
屋敷は時の流れが漂います。

S手市も人口減少中なので、あちこちに空き家や
廃屋を見かけますが、勝手に入り込んで鑑賞する
わけにもいかないので、外から見るだけで我慢
しています。散歩コースの途中にも、ちょうど良い
崩れ具合の土蔵などがあるのですが。相続した
子や孫にとっては、お負動産なだけでしょう。

来年も、旅行にブログに頑張ってください。
良いお歳を。
ぷうぷう(風=)
2019年12月30日 13:30
おお・・同好の士でありしか。。 酔仙さま。。

私はもっぱら海外派なんですが。
この絵の建物はじっくり見ると崩れ方がイマイチですわね。
ちょいと粉飾した方がいいかも。

来年もよろしくお願いします。