ヴェネツィアの海

はい、ヴェネツィア繋がりで描いてみました。
映画「赤い影」、萩尾望都センセ「ホフマンの舟歌」、6年前に撮った写真からインスピレーションを得たのであります。
ちょっと前なら「こんな月、無いやろ?!」なんですが、去年の秋、とある幹線道路を東に向かっている時に、こんなビックリするような月を見たので、私にとってはリアルなんですよ。
猛々しい感じを出したくて、消しゴムで "効果"をトライしましたが、いつもながら稚拙。立派な画家の方々は修行中に強弱を工夫した線を何千本(もっと?)と練習して、水面の揺蕩うさまや空気の揺らぎを表現するんでしょうね。

ヴェネツィア 海.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月02日 11:42
「赤い月」といえば、なかにし礼の自伝的小説も
あったような。酔仙は読んでませんが。

月が地平線近くにあって、厚い空気層を抜ける時に
月の光が赤く見えるのだと。太陽なら、朝焼け、
夕焼けで美しいイメージなのに、赤い月だと何故か
不気味なイメージになります。ちょっと禍々しい
感じも出ていて、いいんじゃないですか。

ぷうぷう(風=)
2020年06月02日 14:07
ドヒャヒャ・・
映画「赤い影」は原作ダフネ・デュ・モーリアでかなり怖いんです。
ドナルド・サザランドとジュリー・クリスティ(ドクトル・ジバコのララ)が・・あとはググってくだされませ。

モーリアの作品はヒッチコックでは、「レベッカ」「鳥」その他が映画化されてるのですが、「鳥」がモーリア原作とは今まで知らんかったです。