テーマ:水彩(ヨーロッパ)

失われた名画?

2011年夏、イタリア取材旅行の後、写真を元に描いたハガキ大の「コモの八百屋」。自分でも気に入って、あちこちで展示していたら・・・いつの間にか、見当たらなくなっているのであります。額装しても小さなものですから、どこにでも紛れ込んでしまいそうで・・・まだ出て来ません。そこで、もう一度、写真を見て描くことにしました。その写真がまたしばらく見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一度は描いて見たい・・

・・のは「線路の絵」 これまで、旅先で踏み切りを渡るたびに「あ~ここ、ここ!! カメラ~!!!」と気は迅るのですが、なんせ添乗員付きグループ旅行でバスに乗ってる・・・という状況では(しかも動作が緩慢ときては)絶対に撮れません。 ***** 今回の北イタリア旅行で約2時間のヴィジェツィーナ鉄道の旅をして、その出発駅(Domodo…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クレモナのバルコニー

これもクレモナです。かなり古そうな家ですが日除けの工夫、頑張ってます。特に最上階(3階?)は壁に取り付けた金具のバー以外にも、(日本なら物干し竿みたいな)長い木の棒を数カ所セットしてあります。何処にでも布をかければ日除けにできる!!?? 実は拙宅のベランダも景観上(規約上)はイケナイことかもしれないけれど、途中の庇にスダレを吊るし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クレモナのマダぁム

クレモナで楽しそうに談笑するマダぁムを見掛けたのでコッソリとパチリ・・・。本当は「いただけますか?」とお訊ねしてからにしたいけど、NON だったり雰囲気が変わったりすると困るからね。 ******* お洒落な照明器具や額装、インテリア小物を扱うお店のマダぁム。お話し相手はお客さんではなく、近くのオトモダチと見た。「うちのジョバンニっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が愛のクネクネ

昔から好きだったんです、クネクネしたものが。。 唐草模様形の装飾・工芸・鉄柵・窓枠。。。 当然、ギリシャ柱もドーリア式・イオニア式よりもコリント様式。 これはミラノの大聖堂近くの、だまし絵風の工夫(小さいのにすごい奥行きに見える)で有名らしいサンサティロ教会で撮りました。この柱自体は別に何にも騙してないんですけど、なんせ好きなタイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミラノのKOKEDAMA(苔玉)

ありゃりゃ・・ 私の電子辞書SHARPの広辞苑には"苔玉"が載ってないわ!! ***** それはさておき、今回はミラノに三泊したので、これまで行ったことない地域にも散歩できました。運河が残る下町ぽいナヴィリオ地区・・・夕方になると10ユーロでワンドリンクと数種類のツマミが楽しめるお店がズラッと。その一角に昔の"洗濯場"があって、その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝餉の間

湖のほとりのリゾートホテル。五つ星だったので「一人部屋追加料金」が高い高い。。。 とても美しい食事室がありましたが、私たち16名の朝ビュッフェは大食堂の方でいただきました。 プロセッコも飲んだし、キレイな蜂蜜の巣もたっぷり摂ったし、不満はないのですが、いつかこういう「朝餉の間」で食事をする身分にもなってみたいものですわ。イタリア貴族…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

すみれ色のレストラン

北イタリアを旅行して写真を撮って・・・・・ やっと絵が描けました。 マッジョーレ湖のほとりストレーザから少し離れたホテルに三泊、ミラノに三泊というゆる~い行程。 ホテルの目の前、泳いでも行けそうな所にペスカトーリ島とベッラ島があって、ぺ島で見た「わっ、スミレ色!!!」のレストランです。生垣には白とスミレ色の花盛り。。 絵ではピンク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラーノ島2012

以前描いて額装してあった絵(サイズはF1)を(料理教室の)教え子の結婚祝いにプレゼントしてしまい、もう一度同じ写真を元にF2で描き直してみました。 ***** いゃあ、ダメダメですね。少し大きいだけなのにゴマカシが利かなくて、やたら時間が掛かり、しかもなんだか弱々しいわ。。。 手許にハガキ大の写真があるので、じわっと見つめれば『どう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスク旅行(7) こんな絵が描きたい

あちこちの町でウィンドウを写して帰国するのですが、なんせヘタクソなので反射したり写り込んだり、肝心のディスプレィがちゃんと見えません。 美術本や絵画には『あ~こんな風に描けたら・・』と嘆きたくなるものがたくさんあるので、そのいくつかをまとめて(?)、真似描きしてみました。子供の頃、好きな絵を見ると藁半紙にコショコショ描いて遊んだ頃のよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスク旅行(6) サンセバスチャンの夕暮れ

2017年も押し迫り・・ やっと 12月の二枚目を描きました。 ****** これでバスク(取材)旅行の成果が6枚になり、ま、こんなもんでいいか・・の気分です。 あちらの海岸線はゆったりした遊歩道になっていて、そぞろ歩きを楽しむ人が多く、それを当て込んだ大道芸人たちがあちこちで面白いものを見せてくれます。音楽を流して、ビートルズの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バスク旅行(5) にんにく?にんにく!

写真の無かった時代に絵を描いていれば、もっと"描き甲斐"があったのではないかと思います。この程度でも絵で説明できれば、喜ばれ、役に立ったのではないかと。 ***** 八百屋ではなく、果物と缶詰その他の食料品を売る店で、このように大蒜を束にして売っているのを見ました。わっ、こんなん見たこと無いっ !! の気持で(写真を撮って帰り)絵を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスク旅行(4) サン・セバスチャンのブローチ

若い頃は"海外旅行ハイ"になって、コマゴマイロイロ買い物をしましたが、最近はさ~っぱりです。 それでも、スリランカやインドで宝石店に連れて行かれるとつい・・・・ 。けれども、つましい脳内限度額があるみたいで、それを越えそうになると、指輪の台を18Kではなく9Kで作ってもらったりの涙ぐましい工夫(?)をしてます。 ******** …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バスク旅行(3) サント・ドミンゴにようこそ

バスク取材旅行の成果をもっともっと絵にしなくてはッ!!! あせあせ・・・ **** 花を咲かせた窓辺や古びた壁を見るとつい写真が撮りたくなります。しかも、ここには判り易く看板まであるし。。。  木彫りの看板、文字は浮き彫りになっていましたが、私の画力ではその表現ができませんので文字だけはなんとか写し取りました。 サンチャゴ巡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスク旅行(2) 王妃の橋

建造物のアーチに惹かれます。 ログローニョからパンプローナに向かう途中のこの橋のアーチはかなり尖っています。←へへっ、その程度しか云えません。。。 F2用紙に下描きシッカリ、丁寧に彩色した力作を描いたのですが、なんかデッサン狂っていて、このアーチの中の暗闇が異様に大きくて気持悪い状態だったので、載せるのを断念しました。 で、次はい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

バスク旅行(1) 改悛の・・

バスク旅行でビルバオやらサンセバスチャンを駆け足で取材(?)してきました。 意気込み充分で高価なカメラバッテリー(カメラ本体価格の1/3)も補充用を買ったくらいです。 あちこちの "美しい村" で撮った写真を元に絵を描いて・・・それを褒めてもらったり、場合によっては "お買い上げ" いただいたり・・・ポワワ~ンと夢は広がるのでありま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more