テーマ:きれいなお姉さん

南インド(1)黄金のアデーレ?

一月下旬に約10日かけて南インドを廻りました。 聖地ヴァラナシを擁する北インドでは宗教的な過激さに当てられてしまうことも多いのですが、南は、その本当の姿はわからないまでも、物見遊山客には穏やかな東南アジアとしての顔を見せたまま通過させてくれました。 *** その取材旅行の成果(1)はエア・インディア(関空>>香港>…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真似描き(ウルビーノのヴィーナス)

キレイな絵を見ると真似して描いてみたくなるのは子供の頃からの情熱(?)です。 今回はウルビーノのヴィーナス(by ティツィアーノ)。怖れ多いことであるのは承知で楽しく描きはじめました。 お肌を、削った鉛筆の粉をティッシュで擦ってほんわかと仕上げ、途中まではワクワクしてました。けれども、ヴィーナス様らしい雰囲気が出た一瞬もあったのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスク旅行(1) 改悛の・・

バスク旅行でビルバオやらサンセバスチャンを駆け足で取材(?)してきました。 意気込み充分で高価なカメラバッテリー(カメラ本体価格の1/3)も補充用を買ったくらいです。 あちこちの "美しい村" で撮った写真を元に絵を描いて・・・それを褒めてもらったり、場合によっては "お買い上げ" いただいたり・・・ポワワ~ンと夢は広がるのでありま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幼稚園のまりこチャン

私は親からもらった名前がキライで、弁護士の友人に頼んで漢字を変えるレベルの改名を簡易裁判所に申請したり・・苦労(?)してたんですが、自分で名刺なんかを簡単に作れるようになって "まりりん"ごっこ遊びをするようになりました。この名前は憶え易いらしく、あちこちで若干の(笑)付きでそう呼んでもらってます。 *** この(笑)のモトはあの有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルファン・・樹下美人

はい、シルクロードもこの辺りまで来ると顔立ちが変わってきます。 ウィグルとかカザフとか・・民族的にはそうなるのでしょうか。 現地ガイドさんの名前も ×××・アブドラさんでした。 このお嬢さんは立派な観光施設の受付で、白い壁とPCモニターに囲まれて座ってたところを『わ~綺麗な人ぉ。。写真撮らせて。。』と頼むと口角をキュッと挙げて"決…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジュリア@イパネマ

ジュリアって誰? はい、描くものが無くなったので、新聞に毎日載る"スマイル・シリーズ"の女の子を描きました。 顔に光が当たっている部分は、色を塗って濡れているうちにティッシュで押さえて色を抜くとそれらしく見えます。いかがですか? *** きれいな女性の伸びやかな肢体を見るのがとても好きなので、ブラジルのカーニバルは憧れなんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トモダチのお嬢さん

M.A嬢の写真をお借りして描いてみました。20年前、肩車してお祭り見物した(当時からヤルことオッサン・・)時から 可愛い女の子でしたが、このようにすくすくと。。。 感無量であります。 本当はもっと違うポーズの中にこの顔立ちを借りて、ファンタジックな絵を描きたかったのですが、人体デッサンも したことのない私には”無理無理!!”で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女の子たち(ピーテルの街角で)

3月初旬のサンクト・ペテルブルグはまだまだ寒くて、ネヴァ川も凍っていました。『女性の日』を前に街には花束を抱えて歩く人がたくさんいました。可愛い二人連れの女の子をパチリ。。 長い名前を云い易くハショルために地元ではピーテルと呼ぶそうですが、『サンクト・ペテルブルグ大学』の日本人留学生たちは『ペテ大』と呼び習わしているとか。。 なぁんか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きれいなお姉さん(八百屋)

なんか描くものはないか・・と漁る日々。ウィーンにはきれいなお姉さんがいっぱいいたなと思い出しました。この広場のテント八百屋のお姉さんもきれいだったし、薄暗い建物の中のジュースバーで人参に囲まれてたお姉さんもきれいかった(方言?)。しばらく、この子供っぽい絵日記風でこのジャンルを追求しよかしらん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more