テーマ:私の好きなもの

石膏デッサン

水彩画ではないけれど、9月からコンナン始めました。 好き勝手に絵を描いて、楽しい楽しい・・ のですが、デッサンを習うと物の見方が深くなるよ・・と勧められたんですねぇ。そしてまた即教室に通うんですねぇ。 これまでは俯いてコショコショ絵を描いていたのが、イーゼル立てて大きなカルトンを置いて・・腕をまっすぐに伸ばして・・しんどいです。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最近、絵が描けない理由

最近ヒマなのに水彩画をあまり載せられない理由は・・ (1)ふと立ち寄った南船場のキャラクターショップ『Aranzi Aronzo』で楽しいハギレのセットを買ってしまい、ポケットティッシュカバーを手縫いで10個以上作り周りに配った。 (2)その時にちょっと刺繍をプラスして出来映えに感動した。 (3)刺繍するのが楽しくなり、自分の夏用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪オ、プティトフルール

8月初旬、北イタリアを廻りビザンチンモザイクをたくさん見てきました。よく美術の教科書で見るアレ。 ガラスの下に金箔を入れてあるので汚れても洗ったらきれいになるそうで、美しく壮麗な作品群でした。 聖人たちの顔の表情にきめ細かくタルミやカゲが入っているのも初めて気が付きました。******** さてさて、そんなすごい芸術は写真を撮るよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

婦人帽子店

たまには楽しい絵も描かなくては。。 夏の日除け帽子しか持っていなかった子供時代から帽子が好きでした。 どうも服そのものより、帽子、手袋、靴、ステッキ・・・のアクセサリー類に強い志向があるようです。 中西利雄(1900-1948)の『婦人帽子店』(1935)は、子供の頃画集で眺めて以来気になっていましたが、 最近図書館で借りた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

BlackSwan(悪い女の子が好き)

連休明けに観てきました。前評判が高い映画だったせいか、とても大きなシアターが割り当てられていて 『わぁ・・昔の映画館みたい』とちょっと興奮しました。予告編が終わるとシュルシュルとスクリーンが横に 拡がってサラに大きく。。。 ただ月曜日の朝一番だったので空いてました。 妹に『観てきたよ』と云うと『ほんまにブツブツが出て羽根生えて…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ダブル・ウェディング・ドレス

梅田にできた日本一売り場面積の広い本屋さんで、好きな作家のまんがエッセイを買いました。 他の本屋さんでは見たことのない本が作家別コーナーに並んでいて、うれしかったです。その本の中に、 何年か前にあるアメリカの州で同性間結婚が認められた時のTVニュースの様子が描いてあって、それが とても可愛らしげだったので、私も描いてみました。一方…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

猫の泉

水彩画教室はまだ欠員が出ないため帰参が叶いません。 それでまた、好き勝手な絵を描くしかありません。小説のお気に入りの一節に挿絵を描いて遊ぶ・・・と いう遊びを思いついたのですが、手近にテキトーな小説がないのであります。森茉莉センセの小説に 出てきた、"窓枠に肘をついて、下着姿でミルクのコップを持つ美少女"などを描きたいなと思ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウチのお姫様・・・

・・というか、カミサマかな? 10年前に中崎町にワンルームの別宅を開設?した時に、年上のオトモダチが お祝いに贈ってくださったものです。高さ5~6センチの香合・・・のようです。目付きのきついお狐さまが、 後ろに裳裾を流して、尻尾もちゃんと見せてすましていらっしゃいます。『これをもっている間、良いことが たくさんあったから』という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまた絵日記・・

春休みに、パリのムフタール通りに行きました。昔、パパがパリで働いていた時の記憶をモトに地下鉄で あちらこちらに連れて行ってくれて、ハズレもあるけど、ここはアタリでした。 通りの両側にたくさんのお店、それに壁前のスペースを利用したテントの店。行き交う人々。 紛れ込むアヤシイ?東洋人。。。               *…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

悪ガキ会議

パリみやげ第二弾です。自分の絵がなかなか描けないので。。。 憧れのオルセー美術館で一番印象に残った絵のハガキを買ってきました。 題名は Un meeting 1884 作者は・・・ MARIE BASHKIRTSEFF (1860-1884) って24歳で亡くなられたということ??? ブログに載せるためにじっくり眺めて初めて気が付…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

パリみやげ

パリから戻りました。アイスランドの"誰も発音できない"火山の噴火の影響で5日間も余分にパリの休日を 楽しむことができました。<= 強がり度65% ふひょ~・・・  どんなデキゴトでも当事者にはそれなりの悩みがあるもんですね。添乗員サンの奮闘で空港再開(予定)後すぐのキップを確保してもらったけど、なんせ相手は自然現象。再噴火と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

またまた絵日記

フィンランドで犬橇に乗りました。二人一組で交互にたっぷり2時間以上。。真っ白な景色の中をルートを熟知 したハスキー七頭がタッタッタッと引っ張ってくれます。下り坂では引き綱が弛まない程度にブレーキを踏み、 登りでは、きつくなると犬達がちらちらっと訴えるような眼で振り向くの。そしたら、私も片足は橇に乗せたまま、 利き脚で地面を蹴って助…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

心の中のチューリップ

チューリップは子供にとって一番描き易い花ではないでしょうか。みっつギザギザ描いてクルンと廻して長い茎を伸ばして・・・・。以前、教室でチューリップが出てきて(?)、茎と葉のバランスがヘンテコで、そのせいじゃないけど、うまく描けなくて。。。 家に戻ってから『チューリップはこんな花だ!』と何も見ないでイメージだけで描きました。これからの季節に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜園

以前、"カヤックに乗る"を素朴に描いて楽しかったので、私の関係している(?)菜園を幻想的に描いてみました。数年前、ぐうたらな朝を過ごしていた私は『これではいかんっ!』と思い立ち、市民農園を申し込みました。これで、夏も早朝の涼しいうちに起きて徒歩15分の18㎡に通えるわ、キャー健康的ィ!と思ったのでありますが。。。。。。。 ダメでしたぁ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方民族博物館

パパが網走に連れてってくれました。<= こら、いつまでやっとるねん?! ******網走で2時間あったので迷いましたが(ex.博物館網走監獄)、ここに行きました。駅前からバスはあるのですけれど本数が少なくてタクシー利用1410円、入館料450円。展示方法や照明のセンスが良くて楽しめました。征服者ならば略奪したいような工芸品が一杯。ちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近日公開?

10年以上前から封書・ハガキだけのお付き合いをしているオトモダチがいます。少し年上のおじさまです。私からはワッワ~ッと書きたい事を汚い字で書き送るのですが、あちらからはいつも巻紙に墨書。。 ヤになるけど、きれいなもんだな・・・と思います。季節の変わり目にはその風物を描き散らしたものが同封されています。それを他のヒトにも見てもらえたらと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマの時計

ローマのパンテオン近くの路地に小さな時計屋さんがありました。この大きさ(直径11cm)のは25ユーロ。もう一回り大きくて振り子の付いてるのは35ユーロ。それがズラッと壁面いっぱい、机の上にもいっぱい。美しいブルーや深い臙脂色をアクセントにした盤面やシンプルな白の盤面の中に混じって、少し異質な、この"枝に小鳥"を見つけました。店の奥で書類…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more