舞妓はんどすぇ

図書館から楽しい本をいろいろ借りています。 今は、グレゴリ青山という女性作家のイラスト・漫画たっぷりの京都案内にハマっています。ただ・・・面白い書き込みギッシリなのに、少し読みにくくなっているのに気付きました。こりゃ、大型活字本、もしくはなんちゃらルーペが必要ですわ。 *** さて、その本の中に綺麗な面長の舞妓さんの写真があったの…
コメント:2

続きを読むread more

カサブランカを描く・・

色んな絵を飾っているカフェでランチをして、空いていたので、マスターともおしゃべりして楽しかったのですが、その中にポヨポヨと数本の百合をガラス花瓶に投げ入れた無造作な絵を見てしまいました。こなれた・・好きなように描きました・・・みたいな絵で、私、ムラムラっと対抗意識が湧いて・・「私ならもっと上手く描ける」などと怖ろしいことを口走っていまし…
コメント:3

続きを読むread more

困った時の石膏デッサン

またまた、コレです。毎度おなじみ石膏デッサンのスナップ。 数年前、教室に通い始めた時に、このブルータス(あのブルータスではないらしい)を描きました。数年間でどれだけ物体の捉え方がマシになったか判明したら嬉しいと思って。。。 本当は一渡り描いてしまって新しいのが無いからです。アポロとかヘルメスとか男前の石膏が欲しい。。。。  先生からは…
コメント:0

続きを読むread more

ヴェネツィアの海

はい、ヴェネツィア繋がりで描いてみました。 映画「赤い影」、萩尾望都センセ「ホフマンの舟歌」、6年前に撮った写真からインスピレーションを得たのであります。 ちょっと前なら「こんな月、無いやろ?!」なんですが、去年の秋、とある幹線道路を東に向かっている時に、こんなビックリするような月を見たので、私にとってはリアルなんですよ。 猛々し…
コメント:2

続きを読むread more

ヴェネツィアの回廊

手元の"おくすり手帳"によれば、去年の2月にフスコデ配合錠を耳鼻科で処方してもらって以来、風邪を引いてないらしい。。 手洗いとウガイをきっちりしているのが効いているのだと思います。フツーの風邪でも不快でシンドイから、これはありがたいことです。ただ・・妹は私をアクティブ老人だと思い込んでいて忌避します。家族とか守らなければならないものが…
コメント:3

続きを読むread more

アンコールワットの女神たち

レリーフを描く楽しさに目覚めたかもしれません。 昔の写真を引っ張り出して、描いてみました。漠然と眺めていた時よりも見れば見るほど「これ、どうなってるの?」感が増す衣装です。みなさん、それぞれ手に装飾性豊かな"猫じゃらし"を持ってらっしゃいます。ウェストが綺麗にくびれて、微妙にクネッとしてるのがチャーミングです。 **** 何と云っ…
コメント:2

続きを読むread more

バスクのアーチ(わりと力作?)

数年前のバスク旅行の写真を引っ張り出して描きました。 さて、どこでしょう。。。 パンプローナか、サンセバスチャンか。 教会などのアーチがあると思わずニヤッと見上げる癖があります。 「天使と悪魔」の冒頭で主人公のロバート・ラングトン教授がアーチについてコメントしたことが頭に残っている所為ですが、これは正面の装飾要石よりも手前のイロイ…
コメント:2

続きを読むread more

演奏する二人(デュオ)

どこかで見たような二人? そうです。数ヶ月前にポーランド(1)で、グダンスク旧市街城壁のアーチで演奏していた二人です。 ある画家のギャラリー展示を観て、色彩豊かな絵が描きたくなって。。。  その画家は様々な演奏のシーンを主にグレーやブラウン系で表情豊かに音や空気まで伝わってくるように面白く描いてらしたのですが、二枚だけあった富士山の…
コメント:2

続きを読むread more

天空往来

数年前に、スリランカ / シギリア・ロックを観光した時の写真が出てきました。 あら、懐かしや・・ この時、そこそこ急な山道なので、個人ガイド(手荷物を持ってくれる/必要に応じて手を引いてくれる)を雇いました。思えば、旅先で「自分はもう若くはなくて、手助けが必要なんだ」と自覚した初めての経験でした。料金は2時間ほどで3000円くらい。遠…
コメント:1

続きを読むread more

若い女性

当たり前ですが、昔は若かった。。 髪の毛も邪魔になるくらいあった。。。 **** 石膏デッサンで、鉛筆で光と陰を表現するのが楽しかったので、昔の写真でやって見ました。 鎖骨のところが白く光ってるのを描きたかったけど、あんまり上手く行きません。 小さい写真でセコく描いたのがイカんかったんかもしれません。 **** 一月はなん…
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(6) 私の好きな廃墟

私が好きなものは"路地裏"と"クネクネ"と"廃墟"です。 壊れてヒビの入った壁や、漆喰が剥げ落ちて下の煉瓦積みが見えてるの、なんてのがあるとつい写真を撮ってしまいます。 これはグダンスクの大きな記念公園の中の廃墟・・・・と、云っても由緒があるとかではなくて単に崩れて使っていない建物で、廃墟レベルはかなり低いです。 子供の時、O…
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(5) クラクフの小さな教会?

自称画家が取材費計上してポーランドに行ったからには、たくさん絵を描かなくてはなりません!! カトリックの国なので、どの街にもある立派な尖塔の付いた「聖母マリア教会」を見て、写真も撮りましたが、とてもとても絵が描けませんのです。この絵は、その大きな聖母教会の裏にある・・・あら? ・・何故か教会と思い込んでいましたが、改めて考えると「ホン…
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(4) もぁあぁ〜ん

ポーランドの人気レストラン「ドムポルスキ」のウェイター君です。 20人ほどの団体ツァーでショパンの生家などを訪ね、昼ごはんに立ち寄りました。旅行も5日目でちょっとくたびれて・・ハァやれやれ状態でしたが、お店に入り、この男の子(多分20代)を見た途端、私の首から上あたりがホァンと暖かくなり元気が急に出てしまいました。こんな気持ち、初めて…
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(3) マルボルク城中庭のクネクネ

世界お城25選に挙げられているマルボルク城の中庭に私の好きなクネクネを発見!! 写真を撮って帰国して・・さて・・描こうとすると・・煉瓦の壁やら瓦やらズッシリとしたものがいっぱいで、しかもクネクネ手摺も、こっち側と壁側の両方にあって、クネクネ具合がもつれて「小さ過ぎて見えな〜い!!! (バシッ)」状態です。教訓「今後は絵に描きたい全体と…
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(2) 好きなもの、可愛いもの

小ネタ集です。 右上から時計まわりに。。。 アラビア模様・・と勝手に呼んでいるクネクネ模様の付いた街灯、町(ヴロツワフ)のあちこちに300体ほどあるらしい妖精(ティンカーベルじゃなくてオジサン系)、マルボルク城の聖女バルバラの木彫像 <<== 聖遺物は頭蓋骨の一部なので後頭部が大きく開いて、そこに骨片を展示してある。 …
コメント:2

続きを読むread more

ポーランド(1) 街角の音楽

9月の終わりにポーランドを廻りました。 ヘルシンキから乗り換えて約2時間で着いたのはグダンスクと云う北の海辺の街でした。 旧市街は空爆でかなりボコボコだったのをキレイに修復して美しい街並みを復元していました。その辺りはとても私のカメラでは撮れないので、ワイド絵葉書を買ってきました。機会があればお見せしたいです。 *** さて、こ…
コメント:0

続きを読むread more

軍神マルス

石膏デッサンを続けています。 7月からマルスを描き始めました。上半身のみで衣類を纏ってないのでヒダヒダが無くて楽だ・・と思っていましたが、やはりそれなりに。。。 良いガタイをしたイケメンを描いてる気持ちになるのですが、それではいけない・・と。石膏の塊としてを忠実にデッサンするようにアドバイスされます。 口元なんかはちょっと油断する…
コメント:2

続きを読むread more

暑い夜

これが "熱い夜" ならドラマチックなのですが、こちらは単に暑いだけ。。 夜になっても温度計が31°Cなんて日が続いておりました。今、ふと気になってチェックしたら27°C(夜9時過ぎ)。ずいぶん涼しくなりました。 特に描きたいものが思い浮かばない中、一番印象に残っている「暑かった・・」を表現する絵が描きたいと思い付きました。 …
コメント:2

続きを読むread more

7月はサボりました

10年以上、なんやかやと記事(主に水彩色えんぴつ画)を載せてきたブログの様子が、7月はじめにガラッと変わってしまいました。 「え〜!!?? これ、なんなん ?? どうしたらいいの・・」状態で「もう、辞めようかな」とも思いましたが、7月終わりには元の形に近いようなイメージに戻りました。時々ブログを見てくださるオトモダチから「病気?」…
コメント:4

続きを読むread more

ラオスの野菜

描く(描ける)モノを探して、旅行アルバムを取り出す私。 2年前のラオス旅行の写真を見つけました。朝市の様子をチマチマ描いたのは当時すでにUPしたのですが、このショットは描いてない!! 私の描く風景は99% 写真を眺めながら描く・・・これを少しアカンことやと思っていましたが、最近、考えを変えました。そもそも、写真を撮るときに「できれば…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more