バスク旅行(1) 改悛の・・

バスク旅行でビルバオやらサンセバスチャンを駆け足で取材(?)してきました。
意気込み充分で高価なカメラバッテリー(カメラ本体価格の1/3)も補充用を買ったくらいです。
あちこちの "美しい村" で撮った写真を元に絵を描いて・・・それを褒めてもらったり、場合によっては "お買い上げ" いただいたり・・・ポワワ~ンと夢は広がるのでありました。。。
お天気もまあまあ良くて、なだらかな丘陵地に点在する白い壁に緑や赤に塗った窓はきれいなんですけどね。惹き付けられるモノがないんです。シャッター押す気になれんのですわ。
*******
とはいえ、この後、風景も何枚か描いて取材旅行の成果を見ていただくつもりですが、一枚目はこの美女です。
観光客で賑わうサン・ジャン・ド・リュズの広場で黄色い車で sorbets maison(自家製シャーベット)を売っているの。もし、私がパトロンに命じられて宗教からみの絵を描くためにモデルを捜しているんだったら『ああっ !!』ですよ。車の上から対するせいでやや伏し目がち(上から目線?)で、大阪風に云えば『へ、どれにしまほ?』との揉み手は祈りのようにも見えるし、"受胎告知"ではなく "改悛のナンチャラ"という題名で描けそうです。
オフゲージのセーターがずれてるのがちょい色っぽい、それから後ろを向くと頸に護符めいたタトゥーがあるのが見えました。それもまたよし。。。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

健脚
2017年10月23日 18:23
いい旅行でしたね。
こんな色っぽいの描くのだ。ジョージ君の成果? いいね!
お買い上げは無いですけど。
ぷうぷう
2017年10月23日 22:17
健脚さま、コメントありがとうございます。

良いね! と褒めて貰えるだけでシ・ア・ワ・セですよ。
埼玉の酔仙
2017年10月24日 16:07
スペインも広いですからね。遡れば多民族多言語地域で
カタルーニャもバスクも分離独立運動が絶えないわけです。
丘陵に白壁、きれいな窓の家がある風景なら、絵葉書の
写真が一杯撮れそうですが、かえってその気にならない
のでしょうか。

宗教画のモデルにはちょっと色っぽいお姉さんです。
最近は、タトゥーもかなり一般化してはきましたが
我々にはまだ、やーさんの刺青の刷り込みが抜けない
ので、一歩引いてしまいますね。入浴ぐらいは認めて
あげてもいいのですが。
ぷうぷう(風=)
2017年10月24日 21:28
酔仙さま、選挙の結果に憤慨・・落胆・・失望・・してらしゃるのでは。。

はい、このお嬢さんは色っぽ過ぎるので『改悛の・・』のモデルですわ。
私は今後ともタトゥーはやらない予定ですが、来年の生誕ン十才を記念して耳ピアスをやろかしらんと思っとります。ふふふ・・・

この記事へのトラックバック