バスク旅行(2) 王妃の橋

建造物のアーチに惹かれます。
ログローニョからパンプローナに向かう途中のこの橋のアーチはかなり尖っています。←へへっ、その程度しか云えません。。。
F2用紙に下描きシッカリ、丁寧に彩色した力作を描いたのですが、なんかデッサン狂っていて、このアーチの中の暗闇が異様に大きくて気持悪い状態だったので、載せるのを断念しました。
で、次はいきなり 0.5 の耐水性ペンで(もうどうでもいいわモード)描いて、テキトーに彩色したのがこの絵(ハガキ大)です。
*****
ログローニョではリオハワインのワイナリーで数種類のワイン付きのランチをいただきました。
私が憧れてやまない、ワインと料理の "マリアージュ"の悦びはここでも ???? のままでした。いえいえ、ちゃんと美味しいんですよ、でもね、世の中であんなにワインがもてはやされてるんだから何かもっと特別の・・・・・
ビールと唐揚げ、純米酒と切り干し大根煮物・・・以上の至福があるに違いないと思いません???

画像


< Photo on Oct. /2017 >

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

埼玉の酔仙
2017年10月28日 19:44
アーチというのは、建築マニアにとっては興味深いものです。
持送り疑似アーチ、尖頭アーチ、半円アーチ、楕円アーチ等々
語りはじめるときりがない。「ログローニョの橋 」でググった
範囲では、半円アーチですねえ。いわゆる眼鏡橋。でも、現地には
尖ったアーチ橋があるかもしれない。スペインは、イスラムと
ヨーロッパとが交錯する場なので、興味深いものが多いのです。

切り干し大根煮物もいいですが、純米酒には鮒ずし、です。
米には飯があうのですが、問題はお値段ですねえ。
次回の帰省の際には、死に土産と思って、少し張り込んで
みたいものです。芸者の膝枕なんぞで。(>_<)\バキャッ



ぷうぷう(風=)
2017年10月28日 22:01
酔仙さま、スビバセン!
私もあちこちググってみましたら、これはパンプローナに近いプエンテ・ラ・レイナ(王妃の橋)でした。その写真で見るとあんまり尖ってない~。
あ~こりゃこりゃ。。 ←誤摩化すときのセリフ

鮒寿司は近付いたことがあるけど未体験。お高いものなんですね。芸者さんはもっともっとお高いことでしょう。身近なところで手を打ったほうが。。
福岡~ゆう
2018年01月02日 15:50
王妃の橋~知らなかったとすれば、タダの橋として通過するだけでした。
福岡~ゆう
2018年01月02日 15:53
ついでながら、リオハのワイナリー、確かに、おっしゃる通り、です。
ぷうぷう
2018年01月11日 21:54
ゆう様、この絵にコメントいただいてるの、
全然これまで気が付いてませんでした。ひゃ~

お二人はかなりワインを楽しめる方とお見受け
していましたが。。。
私はグラスで1~2杯が限度なのでワカルまでに
タイムアウトしてるみたいなんです。

この記事へのトラックバック